先生

豊胸手術で自信のある胸を手に入れよう|施術の種類について

背景と挿入法

カウンセリング

背景知識

豊胸手術を受ける女性は年々増加しています。それは自身の胸をなんとかしたいと強く思う女性が増加したこともありますが、別の理由もあります。それには、女性が気軽に豊胸手術を受けやすい環境になったということが挙げられます。その典型例がプチ豊胸といわれる手術法の確立です。それまではシリコンバッグ挿入法といわれる胸にシリコンを入れて胸を大きくする方法が主流でした。しかしながら、メスで切開することなくヒアルロン酸を注射するだけで胸が大きくなる方法ができました。こうした背景から女性が気軽に豊胸手術を受けやすい環境が整えられたのです。そうはいっても、まだシリコンを挿入する豊胸手術の方依然として高い人気があります。

シリコンバッグ挿入法

以前より豊胸手術の主流として採用されてきたシリコンバッグ挿入法というのは、非常に高い人気があります。プチ豊胸が台頭してきたにもかかわらず人気がゆるぎません。その理由として挙げられるのは、自分の希望通りのバストを実現することができる点にあります。バッグに入れる中身はいろいろとあり、その分、応用がききます。従来から使用されているものは、食塩水バッグやシリコンバッグです。しかし、時代とともにバッグの中身の種類も豊富になってきています。バイオセルバッグ、クリスタルバッグなどが最近使用されることが多くなったバッグです。こうしたことが挿入法の高い人気の理由です。なお、施術を受けるときはアレルギー反応もあらかじめ調べてから受けるのがおすすめです。