先生

豊胸手術で自信のある胸を手に入れよう|施術の種類について

2種類の特徴

婦人

2つの種類

豊胸手術の中でも近年人気を集めているのが注入法と呼ばれる豊胸手術です。注入法の代表的なものは次の2つがあります。すなわち、脂肪注入法とヒアルロン酸注入法です。脂肪注入法は種類が多くコンデンスリッチ法、セリューション、ピュアグラフトなどがあり、脂肪をバストに注入する点では同じです。ヒアルロン酸注入法はヒアルロン酸をバストに注入してバストを大きくします。豊胸手術にはいろいろとありますが、そのどれを受けるかは、患者の目的に応じて変わります。上記の注入法はバストのサイズを1カップ大きくするのであれば最適なものです。ヒアルロン酸注入法はヒアルロン酸を注射で入れるだけですし、脂肪注入法は自身の脂肪を吸引して注入するだけなので、1カップ程度であればすぐに可能です。

2種類の特徴

豊胸手術を代表するヒアルロン酸注入法と脂肪注入法の特徴を書いていきます。前者の脂肪注入法は自身の脂肪を使用するので、安全性が確保されているというのが大きな特長です。アレルギー反応において拒否反応が起きることはありません。また、持続性もかなりあり、数年程度は継続します。後者のヒアルロン酸注入もまたアレルギー反応の心配は必要ありません。ヒアルロン酸はもともと人間の体内にある成分のひとつなので、バスト注入しても問題ありません。また、持続性は脂肪注入法ほど長くはありませんが、1年程度は持続します。ダウンタイムもほとんどないので豊胸手術の中でもっとも手軽な手術だといわれています。施術時間も30分程度しかかからないです。